葬儀用語集

 忌明け法要


【葬儀後<四十九日>/C忌明け法要】

法要の進め方

僧侶入場→読経→焼香→法話→会食「お斎」

●「お斎(とき)」

法要の後は、故人の生前をしのび、なごやかなひとときを過ごします。最後に、返礼品やお供物を分けてお渡しします。そして、僧侶にはお布施をお渡しします。

墓地と墓石

墓地には寺院墓地、公営と民営の霊園墓地などがあります。また、石材はみかげ石といわれる花崗岩がよく使われます。建墓は、費用と時間を要しますので専門家へ相談してみるのが良いでしょう。

納骨式

一般的には、納骨は四十九日の法要のあとすぐに行います。骨壷をカロートに納め、卒塔婆を墓石の後ろに立て、生花や線香を墓前に供えます。そして、僧侶が読経し、参列者が焼香をします。

形見分け

形見分けの品物としては、洋服・和服・時計・バッグなどがあります。何を誰にあげるのか、よく考えて形見分けをします。また、目上の人には失礼になるので、とくに要望がない限り、形見分けを行わないのがマナーです。


前頁・B位牌・仏壇の準備 | 次頁・D税金・遺産相続


葬儀用語集に戻る


   

【環境調和型斎場のご案内】

大阪市立瓜破斎場は、昭和32年に開設しましたが、火葬施設の老朽化が顕著なことから平成4年度から平成7年度にかけて全面的に改修整備を行いました。環境保全のためにクリーンエネルギーである都市ガスを使用し、最新の技術を導入しております。そして、故人の最後の告別の場にふさわしく、遺族の悲しみをいやせる心こもった斎場であります。また、敷地周辺は緑豊かな植樹帯で囲み環境調和にも十分配慮しております。
<施設概要>名称:大阪市立瓜破斎場/所在地:大阪市平野区瓜破東4丁目4番146号/構造:鉄筋コンクリート/火葬炉:標準炉27炉・大型炉3炉/式場:1室

   

斎場(火葬場併設)のご利用案内 - 斎場葬儀手配センター