斎場葬儀手配センター

 葬儀・告別式の進行


大阪市立北斎場のご利用案内 > C葬儀・告別式の進行


【C葬儀・告別式の進行/葬儀の流れと解説】

仏式の場合

一同着席 → 僧侶入場 → 開式の辞 → 読経 → 弔辞・弔電披露 → 遺族・親族の焼香 → 会葬者の焼香 → 僧侶退場 → 喪主のあいさつ → 閉式の辞

祭壇に向かって右側に喪主や遺族・親族が座ります。

遺族は、会葬者にあいさつする時は、目礼が原則です。

神式の場合

修祓の儀 → 献饌・奉幣 → 祭詞奉上 → 誄歌奉上 → 弔辞・弔電披露 → 玉串奉奠 → 撤弊・撤饌 → 出棺祭

神式で葬儀・告別式にあたるのが「葬場祭」です。

「葬場祭」は自宅か葬儀専門式場で行われ、神社で行うことはありません。

キリスト教式の場合

主に葬儀・告別式は、教会で行われます。

●カトリック

葬儀ミサ → 告別式 → 出棺 → 火葬 → 骨あげ

●プロテスタント

葬儀・告別式 → 出棺 → 火葬 → 骨あげ


【葬儀用語の解説】

<葬儀>
遺族や近親者が、故人の冥福を祈る宗教的儀式のこと。

<告別式>
故人と親しかった友人・知人などが、故人と最後の別れをする儀式のこと。

<密葬>
遺族や親族などのごく親しい人だけで行う葬儀をいいます。日程や葬儀形式などの事情から、先に身内だけで葬儀をすませたいというときに営まれます。密葬をする場合は、後日あらためて遺骨での本葬をするのが一般的です。

<社葬>
会社が主催して行う葬儀を社葬といいます。主に会社に功績のあった人などが亡くなった場合に執り行われます。

<無宗教葬>
仏式、神式、キリスト教式などの特定の宗教、宗旨・宗派の葬儀方法や形式、伝統的な作法にとらわれず行われるオリジナルな葬儀のことです。代表例として音楽葬などがあげられます。


前頁・B通夜の進行  |  次頁・D出棺・火葬