葬儀用語集

 墓地・霊園


死者を埋葬して墓を作るところ。従来、墓地といえば寺の境内にある寺院墓地や共同墓地が一般的でしたが、現在では都市近郊での公園墓地、霊園が盛んになっています。
<寺院墓地>寺と檀家という結びつきで作られたもので、宗派に制約がある場合と宗派にこだわらない場合とがあります。
<公営墓地>都道府県や市町村が管理している墓地で、民営墓地と比べやすいことが特徴ですが、応募者が多く、競争率が高いのが実情です。
<民営墓地>財団法人や株式会社の経営する墓地で、使用者の住所や宗派には制限はなく、区画面積も自由に選択できるのが特徴です。


葬儀用語集一覧に戻る


*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【公共斎場】

堺市立斎場(さかいしりつさいじょう)

大阪府堺市堺区田出井町4-1/TEL:072-228-0167

堺市立斎場の施設概要は、火葬炉は17基(大型炉1基/普通炉16基)都市ガス使用、待合室は和室10室/洋室2室、告別室は4室、収骨室は4室、式場は大式場2室(70席)/小式場1室(40席)、遺族控室、宗教者控室、霊安室などになります。

霊園(れいえん)とは