葬儀用語集

 通夜


【葬儀の流れ/B通夜】

■仏式の場合

※通夜の進行

一同着席→僧侶入場→読経→焼香→僧侶退場→喪主あいさつ→通夜ぶるまい

読経後、僧侶の合図で喪主から順に焼香をしていきます。

僧侶退場後、喪主から弔問者へお礼のあいさつをします。

通夜ぶるまいは、弔問のお礼と故人をしのぶ意味があります。

通夜ぶるまいを終えた後、翌日の葬儀の打ち合わせをしておきましょう。

■神式の場合

神式で通夜にあたるのが「通夜祭」と「遷霊祭」です。

「通夜祭」では、祭壇に饌を供え、斎主が祭詞を奏上し、玉串奉奠を行います。

拍手は、音を立てない「しのび手」で行うことになっています。

「遷霊祭」では、明かりを消し、斎主が霊璽に霊を移し、仮霊舎にまつります。

■キリスト教式の場合

※カトリック

カトリックでは、通夜のことを「通夜の祈り」といいます。

聖歌を合唱し、神父の説教、献花が行われます。

※プロテスタント

プロテスタントでは、通夜のことを「前夜式」といいます。

賛美歌を合唱し、牧師の説教、献花が行われます。


前頁・A通夜と葬儀の準備 | 次頁・C葬儀・告別式


葬儀用語集一覧に戻る


斎場葬儀手配センターTOP