斎場葬儀手配センター

 通夜の進行


大阪市立北斎場のご利用案内 > B通夜の進行


【B通夜の進行/葬儀の流れと解説】

仏式の場合

通夜の進行

一同着席 → 僧侶入場 → 読経 → 焼香 → 僧侶退場 → 喪主あいさつ → 通夜ぶるまい

読経後、僧侶の合図で喪主から順に焼香をしていきます。(数珠をかけて合掌)

僧侶退場後、喪主から弔問者へお礼のあいさつをします。

通夜ぶるまいは、弔問のお礼と故人をしのぶ意味があります。

通夜ぶるまいを終えた後、翌日の葬儀の打ち合わせをしておきましょう。

神式の場合

神式で通夜にあたるのが「通夜祭」と「遷霊祭」です。

「通夜祭」では、祭壇に饌を供え、斎主が祭詞を奏上し、玉串奉奠を行います。

拍手は、音を立てない「しのび手」で行うことになっています。

「遷霊祭」では、明かりを消し、斎主が霊璽に霊を移し、仮霊舎にまつります。

キリスト教式の場合

●カトリック

カトリックでは、通夜のことを「通夜の祈り」といいます。

聖歌を合唱し、神父の説教、献花が行われます。

●プロテスタント

プロテスタントでは、通夜のことを「前夜式」といいます。

賛美歌を合唱し、牧師の説教、献花が行われます。


【葬儀用語の解説】

<通夜>
遺族や故人と親しかった人たちが、葬儀の前夜に故人を偲び、最後の別れを惜しみながら過ごすこと。

【葬儀Q&A】

<葬儀時の服装は?>
遺族は、通夜、葬儀・告別式に正礼装か準礼装でのぞみます。男性の場合は、ブラックスーツに黒のネクタイ。女性の場合は、通夜は洋装、葬儀・告別式は和装にする人が多いようです。また、喪服を持っていない場合は、葬儀社に依頼し借りることができます。和装の時は家紋も指定しましょう。


前頁・A通夜と葬儀の準備  |  次頁・C葬儀・告別式の進行