斎場葬儀手配センター

 通夜と葬儀の準備


大阪市立北斎場のご利用案内 > A通夜と葬儀の準備


【A通夜と葬儀の準備/葬儀の流れと解説】

1、信頼できる葬儀業者を選び、依頼し打ち合わせをします。

2、喪主(施主)を誰にするか決め、葬儀の形式(一般葬、家族葬)や日程及び斎場(火葬場)を決めます。

3、僧侶と打ち合わせをし、葬儀全体の流れを確認します。

4、親戚、友人、知人、勤務先などへ電話で死亡連絡をし、葬儀の日程なども伝えます。

5、葬儀の実務を担当してもらう人として、世話役を依頼します。世話役代表(葬儀委員長)は、経験豊かな年配者が望ましいでしょう。

6、式場(祭壇)の設営は、葬儀社の人と相談して行います。

7、遺影の準備や弔辞を依頼し、弔電もまとめておきます。

8、枕経が終えた後に、遺族や親族の手で納棺し祭壇の前に安置します。


【葬儀用語の解説】

<家族葬>
家族・親族を中心に営まれる葬式。通夜・告別式などの儀式を小規模に行い、故人の親しい友人が参列することもあります。

【葬儀Q&A】

<喪主と施主の違いは?>
喪主とは、遺族の代表者のことで、施主とは、葬儀費用を払う人を指します。一般的には、喪主と施主は同一の人がなることが多いです。

<葬儀の日程を決めるときのポイントは?>
一般的には、亡くなった日の翌日に通夜、翌々日が葬儀・告別式という日程が多いようです。しかし、日柄、僧侶などの都合、火葬場の混雑状況を考慮する必要もあります。また、年末年始にかけて休む火葬場が多いことも知っておくべきです。

<自宅で葬儀をとり行う場合は?>
遺族の要望を葬儀社の人に伝えながら、忌中札、祭壇飾り、供花・供物、神棚封じ、鯨幕、受付など、式場を設営します。


前頁・@危篤・臨終  |  次頁・B通夜の進行