斎場葬儀手配センター

 危篤・臨終


大阪市立北斎場のご利用案内 > @危篤・臨終


【@危篤・臨終/葬儀の流れと解説】

1、医師から危篤を告げられたら、家族、親戚、友人、知人など会わせたい人に至急連絡を入れます。

2、末期(まつご)の水をとります。割り箸に脱脂綿を巻きつけ水を含ませて唇を湿らせます。

3、遺体を清め、死装束などに着替えをさせ、死化粧をほどこします。

4、納棺までの間、北枕に安置し、枕飾りを行います。そして、線香を一本立て絶やさないようにします。

5、死亡診断書を医師に書いてもらい、役所に死亡届と火葬許可申請書を提出し、火葬許可証を交付してもらいます。


【葬儀用語の解説】

<遺体安置>
遺体を引き取ったら、葬儀社に依頼し、寝台車で自宅か斎場(火葬場)まで遺体搬送をします。納棺までの間、布団を敷いて安置します。また、遺体の腐敗を防ぐためにドライアイスを周りに置きます。

<湯灌(ゆかん)>
納棺前に、ぬるま湯で故人のからだを洗い清めることです。かつては、たらいに水を入れ、これに湯を足す「逆さ水」で行われてきました。昨今では、病院でアルコールを用いて行う清拭(せいしき)が一般的になっています。このとき、遺体の目や口が開いていたら閉じてあげるようにします。

<北枕>
遺体の頭を北に向け、顔は西に向けて安置することです。ただし、部屋の構造上などで北向きにできない場合は、西向きでもかまいません。布団に寝かせたら顔に白布をかけ、両手首に数珠をかけて、胸のあたりで合掌させます。掛け布団は上下逆にしてかけ、胸のあたりに守り刀として、刃物(ナイフ)の刃先を足もとに向けて置きます。


前頁・E後飾り・精進落とし  |  次頁・A通夜と葬儀の準備