葬儀用語集

 渡し


死者を火葬にふした後、竹や木の箸で収骨する方法。渡し箸。木と竹を組み合わせた箸を使って、骨を二人で挟み、骨壷の中に骨を入れます。「箸」が「橋」に通じるため、亡き人をこの世からあの世へ、橋渡しするという意味が込められているといいます。


葬儀用語集一覧に戻る


   

【公共斎場住所一覧】

鶴見斎場(大阪市鶴見区鶴見1-6-128/TEL:06-6912-3038)

瓜破斎場(大阪市平野区瓜破東4-4-146/TEL:06-6709-0860)

大阪市立瓜破斎場(おおさかしりつうりわりさいじょう)とは

   

*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【葬儀Q&A豆知識/会葬者用】

Q23.死因は聞くのは失礼?

故人の死因は、弔問者側からは聞かないようにしましょう。知らないうちに遺族を傷つけてしまう場合があるからです。

Q24.人に頼んで香典を渡す場合の作法は?

通夜や葬儀・告別式にどうしても参列できない場合、友人・知人・会社の同僚などに香典を預けます。預かった人が香典を渡す時は、預けた人の住所と名前を記帳し、代理と書き添えます。