葬儀用語集

 納骨式


仏式の納骨式では、まずお骨を墓の中に安置し、遺族、近親者の手で土をかけて埋葬します。納骨が終わると、僧侶の読経の中で一同に焼香します。最近の墓では、コンクリートで納骨室が作られていて、お骨を納めて蓋をするだけでよいところもあります。納骨堂に納める場合には、お骨を箱型の納骨壇の中に安置し、その前に焼香台を置き、同じように読経、焼香します。


前頁な行・納骨 | 次頁は行・渡し


葬儀用語集一覧に戻る


*斎場葬儀手配センター|火葬場・葬儀式場のご利用案内>>


【直葬専用施設】

直葬と火葬場のご利用案内|大阪仏事会館(大阪市住吉区)

大阪仏事会館の所在地、設備、建物外観・式場の写真、施設見取り図、交通アクセスMAPを掲載しております。そして、直葬の流れやプラン内容、直葬専用施設で行うメリット、火葬場などについてもご案内しております。


【葬儀後/四十九日】

法要の進め方

僧侶入場→読経→焼香→法話→会食「お斎」

●「お斎(とき)」

法要の後は、故人の生前をしのび、なごやかなひとときを過ごします。最後に、返礼品やお供物を分けてお渡しします。そして、僧侶にはお布施をお渡しします。

墓地と墓石

墓地には寺院墓地、公営と民営の霊園墓地などがあります。また、石材はみかげ石といわれる花崗岩がよく使われます。建墓は、費用と時間を要しますので専門家へ相談してみるのが良いでしょう。

納骨式

一般的には、納骨は四十九日の法要のあとすぐに行います。骨壷をカロートに納め、卒塔婆を墓石の後ろに立て、生花や線香を墓前に供えます。そして、僧侶が読経し、参列者が焼香をします。

形見分け

形見分けの品物としては、洋服・和服・時計・バッグなどがあります。何を誰にあげるのか、よく考えて形見分けをします。また、目上の人には失礼になるので、とくに要望がない限り、形見分けを行わないのがマナーです。

納骨(のうこつ)とは