斎場葬儀手配センター

 喪中ハガキ


新盆・一周忌 > 喪中ハガキ


喪中に新年を迎える場合、例年年賀状を出していた相手に前もって年賀欠礼の知らせをすること。

<喪中ハガキを出す人>
喪家の全員と、直系二親等までの遺族。なお結婚して姓がかわった人は必要ないと思われます。また、喪中のための年賀欠礼の挨拶状を出さなかった人から賀状をいただいた場合は、松の内を過ぎてから「喪中でしたので、ご挨拶を遠慮させていただきました」というハガキを出すと丁寧です。


«戻る