斎場葬儀手配センター

 末期(まつご)の水


危篤・臨終 > 末期(まつご)の水


故人に与える最後の水のことで、死に水ともいわれます。新しい筆か割り箸に脱脂綿を巻きつけ水を含ませ、故人の唇を湿らせる別れの儀式です。遺族をはじめ臨終に居合わせた全員が行ないます。ただし、小さな子どもに関しては、させる必要はありません。

<末期の水をとる順番>
故人の配偶者、子、故人の両親、故人の兄弟姉妹と血縁の濃い順になります。


«戻る