葬儀用語集

 埋火葬許可証


死亡届を役所に提出したさいに火葬許可証が交付され、この書類を火葬場に提出し、火葬がすんだ後に日時を記入して返してくれます。これが埋葬許可証で、埋葬のときまで骨壷といっしょにしておき、なお埋葬許可証は五年間の保存義務があります。埋葬するさいには、寺院、墓地の管理事務所に提出します。


前頁【は行】・墓地・霊園 | 次頁【ま行】・枕飾り


葬儀用語集一覧に戻る


【葬儀Q&A豆知識/会葬者用】

Q23.死因は聞くのは失礼?

故人の死因は、弔問者側からは聞かないようにしましょう。知らないうちに遺族を傷つけてしまう場合があるからです。

Q24.人に頼んで香典を渡す場合の作法は?

通夜や葬儀・告別式にどうしても参列できない場合、友人・知人・会社の同僚などに香典を預けます。預かった人が香典を渡す時は、預けた人の住所と名前を記帳し、代理と書き添えます。


   

【大阪市立瓜破斎場について】

瓜破斎場は、昭和32年に開設しましたが、火葬施設の老朽化が顕著なことから平成4年度から平成7年度にかけて全面的に改修整備を行いました。環境保全のためにクリーンエネルギーである都市ガスを使用し、最新の技術を導入しております。そして、故人の最後の告別の場にふさわしく、遺族の悲しみをいやせる心こもった斎場であります。また、敷地周辺は緑豊かな植樹帯で囲み環境調和にも十分配慮しております。【施設概要】名称:大阪市立瓜破斎場/位置:大阪市平野区瓜破東4丁目4番146号/構造:鉄筋コンクリート(一部鉄骨造)/火葬炉:(標準炉27戸・大型炉3戸)

   

*大阪市立斎場一覧|火葬場・葬儀式場のご利用案内»