葬儀用語集

 手水


手水の義は、神道の祭儀の前に行われる重要なもので、これを済ませてから席につきます。柄杓ですくった水は、三度に分けて注ぐのが正しい作法です。自分で水を掛けるときは、まず左手を清め、次に右手を、次に左手に水を受けて口をすすぎ、さらに最後に左手を洗い、紙を使います。


葬儀用語集一覧に戻る  前頁の壇払い  次頁の追悼ミサ


トップページ>>