葬儀用語集

 卒塔婆


死者の供養塔や墓標として伝えられ、頭部に五輪形を刻み、梵字などを記した板木。釈尊の遺骨を納めた仏塔である「ストゥーパ」が音訳されたもの。卒塔婆には経文や戒名、施主の名を書き、年回供養やお彼岸、お盆などに板塔婆を立て、墓前で読経してもらいます。


葬儀用語集一覧に戻る


*斎場葬儀手配センター|葬儀のご利用案内と公共斎場・葬祭場一覧>>


【葬儀の流れ/通夜と葬儀の準備】

1、信頼できる葬儀業者を選び、依頼し打ち合わせをします。

2、喪主(施主)を誰にするか決め、葬儀の形式や日程及び式場を決めます。

3、僧侶と打ち合わせをし、葬儀全体の流れを確認します。

4、親戚、友人、知人、勤務先などへ電話で死亡連絡をし、葬儀の日程なども伝えます。

5、葬儀の実務を担当してもらう人として、世話役を依頼します。

6、式場の設営は、葬儀社の人と相談して行います。

7、遺影の準備や弔辞を依頼し、弔電もまとめておきます。

8、枕経が終えた後に、遺族や親族の手で納棺し祭壇の前に安置します。


【公共斎場・葬祭場住所一覧】

東京23区

桐ヶ谷斎場(東京都品川区西五反田5-32-20/TEL.03-3491-0213)

町屋斎場(東京都荒川区町屋1-23-4/TEL.03-3892-0311)

代々幡斎場(東京都渋谷区西原2-42-1/TEL.03-3466-1006)

落合斎場(東京都新宿区上落合3-34-12/TEL.03-3361-4042)

堀ノ内斎場(東京都杉並区梅里1-2-27/TEL.03-3311-2324)

四ツ木斎場(東京都葛飾区白鳥2-9-1/TEL.03-3601-0424)

町屋斎場