葬儀用語集

 世話役


葬儀にかかわる問題を処理していく人で、喪主や遺族の人以外の人を指します。世話役は葬儀が地域を中心とするか、職場を中心とするかによって異なっており、町内会や職場の親しい人のなかから協力者を依頼します。世話役代表は、喪家の事情に詳しい人が適当で、受付、接待、会計係などを統括します。


前頁さ行・白木の位牌 | 次頁さ行・葬儀委員長


葬儀用語集一覧に戻る


【公共葬祭場】

大阪市立葬祭場「やすらぎ天空館

大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-115/TEL:06-6656-6381

大阪市立葬祭場「やすらぎ天空館」の施設概要は、建物鉄骨鉄筋コンクリート、式場は大式場(400席)、分割して中式場(200席)として使用可能、多目的室 2室、駐車場は72台、その他設備として親族控室、僧侶控室、多目的トイレ、シャワー室などになります。

世話役(せわやく)とは


【葬儀辞典】

社葬

会社が施主となって行う葬儀。

標縄・注連縄・七五三縄

神前や神事の場にめぐらして、神聖な場と不浄な外界とを区別するもの。新しい藁で左ないにして作り、これに紙垂をはさんで垂らします。神葬では忌竹といって、葉つきの青竹を四方に立て、それに注連縄をつけて斎場の結界に用いたり、棺に注連縄をめぐらしたりします。