葬儀用語集

 数珠・珠数


数多くの玉を糸で貫いて輪形にした仏具。仏事・法要の際、手や首にかけて、あるいは、もみ、また念仏の回数を数えるのに玉をつまぐって用いる。称名念仏の流行につれて普及。玉の数は煩悩の数によるとされる一〇八個を基本とするが、五四・二七・三六・一八など宗派により数・形式ともに一定しない。


葬儀用語集一覧に戻る  前頁の死亡届  次頁の焼香順序


【公共斎場一覧】

大阪市立北斎場:大阪市北区長柄西1-7-13

大阪市立鶴見斎場:大阪市鶴見区鶴見1-6-128

大阪市立瓜破斎場:大阪市平野区瓜破東4-4-146

数珠(じゅず、ずず)

   

トップページ>>