葬儀用語集

 数珠・珠数


数多くの玉を糸で貫いて輪形にした仏具。仏事・法要の際、手や首にかけて、あるいは、もみ、また念仏の回数を数えるのに玉をつまぐって用いる。称名念仏の流行につれて普及。玉の数は煩悩の数によるとされる一〇八個を基本とするが、五四・二七・三六・一八など宗派により数・形式ともに一定しない。


葬儀用語集一覧に戻る


【公共斎場一覧】

大阪市立北斎場:大阪市北区長柄西1-7-13

大阪市立鶴見斎場:大阪市鶴見区鶴見1-6-128

大阪市立瓜破斎場:大阪市平野区瓜破東4-4-146

数珠(じゅず、ずず)

   

*斎場葬儀手配センター|葬儀のご利用案内と公共斎場・葬祭場一覧>>


【葬儀Q&A豆知識】

Q15.自宅を式場にする場合、設営すべきことは?

玄関には早めに忌中札を貼り、移動できない家具などは白黒の幕で隠し、白い紙で神棚封じをします。そして、駐車場の確保、道順札を貼り、案内係の人に式場までの地図を配ってもらうよう準備をします。

Q16.弔問者が通夜に遅れて来た場合は?

遅れて来た人には、受付と焼香をしてもらい、通夜ぶるまいの席へ案内します。