葬儀用語集

 白木の位牌


葬儀のさいに用いる木地のままの位牌。戒名(法名)、俗名、没年月日などを記入して、遺影とともに祭壇に安置します。葬列には、喪主が胸元に揚げて持参します。葬儀のあとは忌明けまで、中陰壇におまつりし、忌明け後はお寺などに納め、代わりに黒塗りの位牌を仏壇の中に安置します。


前頁【さ行】・初七日 | 次頁【さ行】・世話役


葬儀用語集一覧に戻る


【葬儀Q&A豆知識/遺族用】

Q13.戒名の構成は?

戒名とは、仏弟子になったときに与えられ、本来生前に授かるものです。院号・道号・法号・位号の部分から成り立ち、位は院号・位号によって決まります。

Q14.葬儀時の服装は?

遺族は、通夜、葬儀・告別式に正礼装か準礼装でのぞみます。男性の場合は、ブラックスーツに黒のネクタイ。女性の場合は、通夜は洋装、葬儀・告別式は和装にする人が多いようです。また、喪服を持っていない場合は、葬儀社に依頼し借りることができます。和装の時は家紋も指定しましょう。


   

【大阪市立斎場】

大阪市立北斎場 大阪市北区長柄西1-7-13

施設概要:火葬炉は20炉(標準炉17炉/大型炉3炉)、式場は中式場2室(約80席)/小式場1室(約20席)

瓜破斎場 大阪市平野区瓜破東4-4-146

施設概要:火葬炉は30炉(標準炉27炉/大型炉3炉)、式場は1室(約100席)

【大阪市立葬祭場】

やすらぎ天空館 大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-115

施設概要:式場は大式場(400席)、分割して中式場(200席)/社葬に対応


*斎場・葬祭場一覧|火葬場・葬儀式場のご利用案内»