葬儀用語集

 四十九日


人の死後四九日目の日。中陰の終わる日。僧を招き法事を行う。ななぬか。七七(しちしち)日。人の死後四九日の期間。この間、死者はこの世と来世との中間をさまようという。中陰。


葬儀用語集一覧に戻る


*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【葬儀後/四十九日前】

位牌の準備

葬儀の時に使用した白木の位牌は、葬儀後しばらく後飾りの祭壇に安置します。そして、四十九日の忌明けまでに本位牌(塗りの位牌)を用意します。また、納骨後白木の位牌は、菩提寺に納めます。その代わりに、僧侶に開眼供養をしてもらった本位牌を、自宅の仏壇に安置します。

仏壇の準備

仏壇の種類は、金仏壇(檜や杉などを使い漆を塗り金箔仕上げを施したもの)や唐木仏壇(黒檀や紫檀などで作られたもの)などに大きく分けられます。そして、台付型仏壇や上置き型仏壇などの形があります。また、宗派・予算・住宅事情が仏壇を購入するうえでの重要なポイントとなります。購入したら、僧侶に開眼供養を必ずしてもらいましょう。

忌明け法要の準備

日時の決定/日時を僧侶、親戚と相談します。

招待の範囲/招待者を確定します。一周忌までは、親戚や近親者だけでなく故人の友人・知人なども招待します。

会場の決定/自宅・寺院・会館などで行います。最近では、ホテルなども利用されるようになりました。

法要の案内/法要の日時が決定しだい、招待者に案内状を出すか、電話で連絡をします。

僧侶との打ち合わせ/具体的な打ち合わせ事項として、日時の確認・お布施などがあります。

法要・会食 「お斎」の準備/供物・供花(価格、数量)の手配や、会食「お斎」 の料理・返礼品(価格、数量)の手配も行います。

中陰(ちゅういん)とは