葬儀用語集

 祭壇


宗教的儀式を行うときに、神霊をまつったり、供物を捧げたりするためにつくった壇。祭事を行う壇。


葬儀用語集一覧に戻る


   

【公共斎場一覧(大阪市)】

大阪市立北斎場:大阪市北区長柄西1-7-13

施設概要:火葬炉は20炉(標準炉17炉/大型炉3炉)、式場は中式場2室(約80席)/小式場1室(約20席)

大阪市立鶴見斎場:大阪市鶴見区鶴見1-6-128

施設概要:火葬炉は8炉(大型炉)、式場は大式場1室(約120席)/小式場(会葬者控室)

大阪市立瓜破斎場:大阪市平野区瓜破東4-4-146

施設概要:火葬炉は30炉(標準炉27炉/大型炉3炉)、式場は1室(約100席)

祭壇(さいだん)とは

   

*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【葬儀Q&A豆知識/遺族用】

Q9.なぜ遺体を安置した後、線香を絶やさないようにするの?

線香の煙は、遺体の臭気を除く効果があるため、絶やさないようにしているのです。また、遺体の腐敗を防ぐ手段として、通常ドライアイスが使用されていますが、最近ではオゾンを利用し、腐敗を最小限にとどめることができるようになりました。

Q10.葬儀の日程を決めるときのポイントは?

一般的には、亡くなった日の翌日に通夜、翌々日が葬儀・告別式という日程が多いようです。しかし、日柄、僧侶などの都合、火葬場の混雑状況を考慮する必要もあります。また、年末年始にかけて休む火葬場が多いことも知っておくべきです。