葬儀用語集

 骨壷


火葬したお骨を入れるための壷。火葬が盛んになるにつれ、骨壷は欠かせない葬具の一つになりました。材質は銅、ガラス、陶器、大理石などさまざまです。お骨を納めた骨壷は針金で縛り、桐の箱に納めて白布で包みます。


葬儀用語集一覧に戻る

   
   

【公共斎場一覧】

大阪市立北斎場:大阪市北区長柄西1-7-13

火葬炉は20炉(標準炉17炉/大型炉3炉)、式場は中式場2室(約80席)/小式場1室(約20席)

大阪市立鶴見斎場:大阪市鶴見区鶴見1-6-128

火葬炉は8炉(大型炉)、式場は大式場1室(約120席)/小式場(会葬者控室)

大阪市立瓜破斎場:大阪市平野区瓜破東4-4-146

火葬炉は30炉(標準炉27炉/大型炉3炉)、式場は1室(約100席)

骨壷(こつつぼ)とは

   

*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【葬儀Q&A豆知識/遺族用】

Q7.納棺するとき、棺に入れてはいけないものってあるの?

火葬に支障があるものはダメです。例えば、メガネ・ライター・ゴルフクラブ・アクセサリーなどの金属製品には注意しましょう。

Q8.棺の種類は?

ヒノキやモミの木を使用した高級な天然木棺、最もよく使われる桐を使用した桐棺、最近増えつつある布張棺などがあります。