葬儀用語集

 釘打ち


出棺の前に遺族が小石を使って、棺の釘を打つ儀式。釘打ちは2,3度軽く打ちます。石は三途の川のほとりにある石を表わし、死者が三途の川を無事に渡れるように願って打つものです。


葬儀用語集一覧に戻る


   

【公共斎場住所一覧】

北斎場(大阪市北区長柄西1-7-13/TEL:06-6351-3042)

鶴見斎場(大阪市鶴見区鶴見1-6-128/TEL:06-6912-3038)

大阪市立北斎場(おおさかしりつきたさいじょう)とは

   

*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【葬儀Q&A豆知識/遺族用】

Q3.医師による死亡判定が必要なのはどうしてなの?

病気などの自然死の場合、医師の判定を受けます。また、事故死や死因不明の場合、警察医による検死を受けます。いずれの場合も医師の死亡判定を受けるまでは、遺体を動かすことが禁じられているためです。

Q4.退院手続きにあたっての心得は?

亡くなった後は、葬儀の準備などで忙しくなるので、できるだけ病院への支払いや死亡診断書の受け取りは、遺体を引き取る日に済ませましょう。後日あらためて、菓子折りなどを持参し、医師や看護師へお礼をするのもよいでしょう。