葬儀用語集

 清め塩


火葬場から帰宅したさいに、玄関先で手を洗い身体に塩をふりかけて清める習慣。またはその塩。本来はケガレを嫌う神道の伝統からきています。古来よりみそぎは海水に効力があるとされ、遠距離から運ばれることもあり、それを塩が代用するようになったという話があります。


前頁【か行】・忌中札 | 次頁【か行】・釘打ち


葬儀用語集に戻る


   

【大阪市立斎場・葬祭場一覧】

北斎場 北区長柄西1-7-13

施設概要:火葬炉は20炉(標準炉17炉/大型炉3炉)、式場は中式場2室(約80席)/小式場1室(約20席)

鶴見斎場 鶴見区鶴見1-6-128

施設概要:火葬炉は8炉(大型炉)、式場は大式場1室(約120席)/小式場(会葬者控室)

瓜破斎場 平野区瓜破東4-4-146

施設概要:火葬炉は30炉(標準炉27炉/大型炉3炉)、式場は1室(約100席)

小林斎場 大正区小林東3-12-8

施設概要:火葬炉は10炉(標準炉8炉/大型炉2炉)、式場は大式場1室(約40席)/小式場1室

やすらぎ天空館 阿倍野区阿倍野筋4-19-115

施設概要:式場は大式場(400席)、分割して中式場(200席)として使用可能