葬儀用語集

 忌明け法要


四十九日目の忌明け(満中陰)に行う法要。中陰の期間には死者が善処に生まれることを願って、七日ごとに仏事を行うが、忌明け法要はその期間の最後の法要となります。日本でも756年の聖武天皇崩御のとき、七七斎会を修したことが記録されており、17世紀ごろから四十九日の法要が盛んに行われたと言われています。


葬儀用語集一覧に戻る


*斎場葬儀手配センター|式場葬儀・家族葬のご利用案内>>


【公共葬祭場】

戸田葬祭場(とだそうさいじょう)

東京都板橋区舟渡4-15-1/TEL.03-3966-4241

戸田葬祭場の施設概要は、建物本館4階建、建物別館2階建、式場は3種の式場をご用意、火葬炉は3つの等級、待合室はゆったりとした洋室仕様、総合案内、ラウンジ、喫茶などになります。

忌明け(きあけ)とは