葬儀用語集

 忌明け法要


四十九日目の忌明け(満中陰)に行う法要。中陰の期間には死者が善処に生まれることを願って、七日ごとに仏事を行うが、忌明け法要はその期間の最後の法要となります。日本でも756年の聖武天皇崩御のとき、七七斎会を修したことが記録されており、17世紀ごろから四十九日の法要が盛んに行われたと言われています。


葬儀用語集一覧に戻る


斎場葬儀手配センター|公共斎場一覧とご利用案内>>